日本古来の和紙の里で、紙漉きから印刷まで一貫生産で紙づくりにはげむ、瀧株式会社のホームページです。
紙漉きから加工まで、独自な紙製品の受注生産や、ネットショップの運営をしています。
2017年、福井ふるさと企業に認定されました。

生産品目越前和紙を主とする様々な日本の紙をTAKIPAPERの技術で加工した、独自な紙製品の受注生産をしています。一覧へ

封筒/全面に印刷可能な封筒です。製袋もおまかせください。
貼り箱/和紙でできた貼り箱をc受注生産いたします。
ちぎり和紙/主に、日本酒・焼酎などのラベルとしてご利用いただいております。
【漉好】すかし入り紙製品/“すかし”の入った表彰状や包装紙を生産しています。
FSC

上記以外にも、様々な製品を受注させていただいております。まずはお問い合わせください。

2015年3月、FSC(森林管理協議会)の加工・流通過程の管理の認証を取得しました。

お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。050-3387-0809

なかなかに小ロット対応です。
サンプル作成は5万円で承ります。

受付対応時間/AM9:00〜PM5:00
※土・日・祝日を除きます

まずはこちらをお読みください。

お見積もりから納品までの流れ

納期までの流れなど、お客様が気になるであろう項目をまとめてみました。

トピックス日々更新している記事たちです。

ザカタキ!(ブログ)一覧へ

「西船橋」を「ニシフナ」と呼んだりするがごとく「雑感タキペーパー!」をハシょって「ザカタキ!」なのです。瀧株式会社代表取締役社長の心の日報でございます。

ザカタキ! 第4102号 -指導者-

★2017年3月22日(水)t-4102号★

チャオです〜!
こんばんわ。

「指導」

を受けるミチオさんです。

WBC

は、昼休みの間のひと時、テレビで見たんですが、

「熱戦」

でしたね。

試合結果はつれあいの

「かずいサン」

がわざわざ

「負けたよ」

とメールしてきて知ったんですが、

「いい戦いをしてくれた」

と個人的には思っています。

小久保監督

は、私とあまり年齢が変わらないんですが、
技術論云々よりも、

「プロ野球選手はどうあるべきか」

「戦う集団はどうあるべきか」

という観点からチームをまとめ、
若手からベテランまで実力溢れる選手たちが、

「一丸となって試合をしている」

と見受けられ、

「清々しく熱い」

と個人的に感じ入りました。

小久保監督

を見てると、ちょっと往年の、

藤田元司監督」

を思い出すのは、
私が単に幼少の頃から巨人ファンだったからかも知れませんが、
同年代の人が、
国を代表するチームを立派に率いている姿は、
やっぱりとても刺激的です。

駅伝の

原晋監督」

も然りですが、

「覚悟を決めてる人」

っていうのが、
指導者として最も肝要であると思った、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでした。

一対一の

「師弟関係」

よりも、

「指導者像」

に着目することが多く、そういう意味では、
北朝鮮の最高指導者様からも、
なかなかに目が離せないのであります。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2017 TAKIPAPER
-+-

続きを読む

あしたのともろう★彡(ブログ)トップへ

家庭事情が垣間見える滝家のスーパースターの成長記録です。

た紀行(お知らせ)一覧へ

気の利いた紙にまつわる見聞録を目指してはいるんです。(ミチビッチ氏談)

takipaper