日本古来の和紙の里で、紙漉きから印刷まで一貫生産で紙づくりにはげむ、瀧株式会社のホームページです。
紙漉きから加工まで、独自な紙製品の受注生産や、ネットショップの運営をしています。

生産品目越前和紙を主とする様々な日本の紙をTAKIPAPERの技術で加工した、独自な紙製品の受注生産をしています。一覧へ

封筒/全面に印刷可能な封筒です。製袋もおまかせください。
貼り箱/和紙でできた貼り箱をc受注生産いたします。
ちぎり和紙/主に、日本酒・焼酎などのラベルとしてご利用いただいております。
【漉好】すかし入り紙製品/“すかし”の入った表彰状や包装紙を生産しています。
FSC

上記以外にも、様々な製品を受注させていただいております。まずはお問い合わせください。

2015年3月、FSC(森林管理協議会)の加工・流通過程の管理の認証を取得しました。

お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。050-3387-0809

なかなかに小ロット対応です。
サンプル作成は5万円で承ります。

受付対応時間/AM9:00〜PM5:00
※土・日・祝日を除きます

まずはこちらをお読みください。

お見積もりから納品までの流れ

納期までの流れなど、お客様が気になるであろう項目をまとめてみました。

トピックス日々更新している記事たちです。

ザカタキ!(ブログ)一覧へ

「西船橋」を「ニシフナ」と呼んだりするがごとく「雑感タキペーパー!」をハシょって「ザカタキ!」なのです。瀧株式会社代表取締役社長の心の日報でございます。

ザカタキ! 第3999号 -絆-

★2016年12月9日(金)t-3999号★

チャオです〜!
こんばんわ。

「見えない糸」

はミチオさんです。

たしか私が小学5年生ぐらいの時、いわゆる

「ちんげ」

がチョロチョロ生えてきまして、当時は学校内で、

「ちんげが生えてる人を異端視」

する風潮があり、

「修学旅行」

で、皆で入浴した時、

「ちんげ」

が露呈してしまうことを恐れて、
実家の風呂場にあった、

「父親のT字カミソリ」

で、入浴中に剃ってましたら、母親に、

「何してるんや〜!」

と妙に怒られた記憶がございます。

私がちんげを剃るのも、
父親がヒゲを剃るのも、

「同一のカミソリ」

であったという、父親にとっては不快な事実も、
これはこれで、

「親子の絆」

とも言える気がします。

それから30年ぐらいの時間を経て、父親の

「勇一」

氏に、

「ちょっと智朗(ともろう)への思いを作文にしてや」

と頼んだら、

「あいよ!」

という感じで快諾してくれ、
今日は、作文を持って一人で車を運転して、
我が家にやって来てくれました。

父親が読み上げる作文は、

「終始優しい感じ」

でした。

実家は兼業農家なので、
私も稲作の手伝い等を幼い頃からしていて、
仕事中は、

「険しい表情」

を見せることもあった、父親

「勇一」

氏なんですけど、
それでも今思うと、総合的には

「優しく見守ってくれていた」

し、今でもそうしてくれている気がします。

「絆」

というのは、目には見えないけど、
感じようと思えば感じられる、
そういう環境にとりあえず自分は居る、
ということをしみじみと感じる、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

そして私も、愛息、

「智朗(ともろう)」

を見守り続けていきたいと思うのであります。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2016 TAKIPAPER
-+-

続きを読む

あしたのともろう★彡(ブログ)トップへ

家庭事情が垣間見える滝家のスーパースターの成長記録です。

た紀行(お知らせ)一覧へ

気の利いた紙にまつわる見聞録を目指してはいるんです。(ミチビッチ氏談)