日本古来の和紙の里で、紙漉きから印刷まで一貫生産で紙づくりにはげむ、瀧株式会社のホームページです。
紙漉きから加工まで、独自な紙製品の受注生産や、ネットショップの運営をしています。
2017年、福井ふるさと企業に認定されました。

生産品目越前和紙を主とする様々な日本の紙をTAKIPAPERの技術で加工した、独自な紙製品の受注生産をしています。一覧へ

封筒/全面に印刷可能な封筒です。製袋もおまかせください。
貼り箱/和紙でできた貼り箱をc受注生産いたします。
ちぎり和紙/主に、日本酒・焼酎などのラベルとしてご利用いただいております。
【漉好】すかし入り紙製品/“すかし”の入った表彰状や包装紙を生産しています。
FSC

上記以外にも、様々な製品を受注させていただいております。まずはお問い合わせください。

2015年3月、FSC(森林管理協議会)の加工・流通過程の管理の認証を取得しました。

お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。050-3387-0809

なかなかに小ロット対応です。
サンプル作成は5万円で承ります。

受付対応時間/AM9:00〜PM5:00
※土・日・祝日を除きます

まずはこちらをお読みください。

お見積もりから納品までの流れ

納期までの流れなど、お客様が気になるであろう項目をまとめてみました。

トピックス日々更新している記事たちです。

ザカタキ!(ブログ)一覧へ

「西船橋」を「ニシフナ」と呼んだりするがごとく「雑感タキペーパー!」をハシょって「ザカタキ!」なのです。瀧株式会社代表取締役社長の心の日報でございます。

ザカタキ! 第4216号 -MR.だらけ-

★2017年7月26日(水)t-4216号★

チャオです〜!
こんばんわ。

「ミスター」

的なミチオさんです。

津久井やまゆり園

の事件から丸一年ということで、
テレビで関連する情報が多く流れておりました。

個人的には、

「差別はやめましょう」

的な、抽象的な話ではなく、

「健常者が障害者になるプロセスを医学的に解説する」

ような具体的な情報提供が、
足りていないと感じています。

私が高校生の時、
電車内で大きな奇声を発する支援学校に通っているっぽい人がいて、
こっちに寄って来そうになった時、

「わ〜、こっち来ないでくれ!」

と思ったことを今でも覚えているので、
その時は、私にとって、

「障害というのは不可解」

だったわけです。

でも、幸か不幸か、
愛息が大きな手術をして、
心臓が止まって、
脳への血流が阻害されて、
脳神経細胞がダメージを受けて、
それまでは出来ていたことが、
何も出来なくなってしまった、
という一連のプロセスを経験したことにより、

「身体障害を科学的に理解できた」

わけであります。

そのプロセスは、

長嶋茂雄氏が脳梗塞を経て体が不自由になってしまった

経過とまあまあ似ていると思います。

さすがに、

「ミスタージャイアンツを差別する人は居ない」

と思うんですよね...。

そして長島さんはハードなリハビリを通して、
かなり機能回復を果たされたわけです。

今となっては、私の視点はすべての障害児(者)を、

「長島さんと同等の立派な人」

と捉えているわけでして、
例えば支援学校とかへ行けば、
そこは少なくとも私にとっては、

「長島さんだらけ」

な訳であり、差別どころか、
応援する気持ちにしかならないのであります。

そして、これも経験上言えることですが、

「意外なほどあっさりと障害者になる」

訳で、
障害は誰の身にも起こりうることです。

健康は当たり前のことではない、
ということだけは言い切りたい、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでした。

これからも、

「ミチーム」

は進み続けるのであります。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2017 TAKIPAPER
-+-

続きを読む

あしたのともろう★彡(ブログ)トップへ

家庭事情が垣間見える滝家のスーパースターの成長記録です。

た紀行(お知らせ)一覧へ

気の利いた紙にまつわる見聞録を目指してはいるんです。(ミチビッチ氏談)

takipaper