日本古来の和紙の里で、紙漉きから印刷まで一貫生産で紙づくりにはげむ、瀧株式会社のホームページです。
紙漉きから加工まで、独自な紙製品の受注生産や、ネットショップの運営をしています。
2017年、福井ふるさと企業に認定されました。

生産品目越前和紙を主とする様々な日本の紙をTAKIPAPERの技術で加工した、独自な紙製品の受注生産をしています。一覧へ

封筒/全面に印刷可能な封筒です。製袋もおまかせください。
貼り箱/和紙でできた貼り箱をc受注生産いたします。
ちぎり和紙/主に、日本酒・焼酎などのラベルとしてご利用いただいております。
【漉好】すかし入り紙製品/“すかし”の入った表彰状や包装紙を生産しています。
FSC

上記以外にも、様々な製品を受注させていただいております。まずはお問い合わせください。

2015年3月、FSC(森林管理協議会)の加工・流通過程の管理の認証を取得しました。

お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。050-3387-0809

なかなかに小ロット対応です。
サンプル作成は5万円で承ります。

受付対応時間/AM9:00〜PM5:00
※土・日・祝日を除きます

まずはこちらをお読みください。

お見積もりから納品までの流れ

納期までの流れなど、お客様が気になるであろう項目をまとめてみました。

トピックス日々更新している記事たちです。

ザカタキ!(ブログ)一覧へ

「西船橋」を「ニシフナ」と呼んだりするがごとく「雑感タキペーパー!」をハシょって「ザカタキ!」なのです。瀧株式会社代表取締役社長の心の日報でございます。

ザカタキ! 第4353号 -慣れます-

★2017年12月10日(日)t-4353号★

チャオです〜!
こんばんわ。

「熟練」

ではないミチオさんです。

今日は、7~8年前まで弊社で働いていた、

「好好爺」

のような御仁を呼んで、自宅で、

「七輪焼肉」

を楽しみました。

炭を細かく砕いてから着火するやり方を試して、
今回は、

「着火剤1個使っただけ」

で、炭が本格的に燃え出しまして、
工夫しようとすると、毎回発見があるなぁ...、
と感じております。

「かずいサン」

がわざと小さく握ってくれた、

「おにぎり」

を醤油をつけながら焼いた、

「焼きおにぎり」

が、これまた美味しかったのでした。

晩に、

救命救急のテレビ

をやっていて思わず見入ってしまいましたが、
改めて、
血を見るだけで血の気が引いて倒れてしまう、
私のような人間には、
勤務することが無理な縁遠い職場だと感じました。

患者さんの病気や生活に、
正面から向き合って、
仕事に取り組んでいる医師や看護師の人達の、
仕事ぶりが輝いて見えました。

患者さんが亡くなった際、
泣いている先生が映っていて、
仮に私が死ぬとして、

「泣いてくれる医師に看取って欲しい」

という気持ちが、
自分の中にあることに気づいた次第です。

どんなに場数をこなしても、
一つ一つの事案に、
真剣勝負でぶつかっていくならば、
毎回新鮮で謙虚な気持ちで、
問題解決に取り組めるということなのかも?
と感じた、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでした。

「慣れる」

というのは良い面も悪い面もあるなぁ...、
ということを考えました。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2017 TAKIPAPER
-+-

続きを読む

あしたのともろう★彡(ブログ)トップへ

家庭事情が垣間見える滝家のスーパースターの成長記録です。

た紀行(お知らせ)一覧へ

気の利いた紙にまつわる見聞録を目指してはいるんです。(ミチビッチ氏談)

takipaper